注目の健康成分フコイダン。その効果とは。

フコイダンという言葉を聞いたことはあるでしょうか。その成分は現在、健康、美容において注目を集めています。
フコイダンには衰えてしまった免疫力を増強する効果が医学界で研究され報告されていますが、具体的にフコイダンにはどんな効果があるのでしょうか。
具体的に説明したいと思います
アレルギー症状の改善と緩和。
多くの人が悩んでいるアレルギー性皮膚炎、花粉症、鼻炎、喘息等のアレルギー症状は体内の免疫力のバランスが崩れているため起こる症状です。
フコイダンで免疫システムのバランスを整えることにより症状の緩和が見込めます。
脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞の原因となる高血圧の抑制。
高血圧はナトリウム、塩分の摂取により引き起こされます。日ごろの食事などで塩分の高いものを摂取している場合、血圧が上昇していきますが
フコイダンには余分なナトリウムを小腸で吸着し排出する働きがあります。
コレステロールの低下。
フコイダンにはコレステロールや中性脂肪を吸着し排出する働きがあるため、成人病の元となるコレステロール値を下げてくれる働きがあります。
抗ガン作用。
今最も注目されているこの効果ですが、なぜフコイダンに抗ガン作用があるのでしょうか。
フコイダンにはアポトーシス作用が見込めます。アポトーシスとは細胞の生まれ変わりを意味しています。
通常、体内では約60兆個の細胞がつくられます。すべての細胞には寿命があり役目が終わると死んで、新しい細胞へと生まれ変わっていきますが、
ガン細胞には寿命がありません。寿命のないガン細胞に対して直接働きかけ自滅を促します。
この効果は学会で発表され大きな注目を集めました。
また美容効果も期待できます。フコイダンは多糖体ですがこの多糖体は非常に保湿力が高く、またビタミン、ミネラル、
アミノ酸といった成分が豊富に含まれています。そのどれもが美容には欠かせない成分です。
他にも抗菌作用、胃粘膜保護作用などの様々な効果があるフコイダンですが、実際に摂取するにはどの様にすればいいのでしょうか。
フコイダンはワカメやコンブ、モズクなどの海藻類から抽出されます。海藻のネバネバしたぬめり成分がフコイダンです。
また、なまこなどの動物からも類似の物質がみつかっています
実は身近な食物からこの成分は摂取可能なのです。
昔の人は日々の食卓に海藻類を多く取り入れていました。
日本の食事は、味噌汁や鮭の塩焼き、醤油など塩分が高めだといわれています。
きちんと身体に良いものを理解し、日々の食事をバランスのとれたものにしていたのですね。
現在は食事の中に海藻類をみかけることも減っているのではないでしょうか。
それが現在の成人病の増加の一因につながっている可能性も否めません。
日々の食事に海藻類を増やす工夫をしたり、サプリメントを飲むなど、上手にフコイダンを摂取して健康な毎日を送りましょう。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

*